スタジオ便り

スタジオから日々のあれこれお届けします

新型コロナウイルス感染症の対応について


令和231

スパーク運動療育西京極スタジオご契約者各位

 

スパーク運動療育西京極スタジオ

管理者  熊谷 利衣子

 

新型コロナウイルス感染症の対応について

 

平素は大変お世話になっております。

今回のコロナウイルスに関する報道、発表によりいろいろとご心配、ご不安をお持ちのご家庭も多いことと思います。連日の報道で子どもたち本人も不安を抱えているのではないでしょうか。

我々児童発達支援の現場へも毎日様々な通達が来ておりますが、先週政府より原則方針が出されましたので、保護者の皆さまに現時点での方針をご連絡させて頂きます。

周知のとおり、政府より学校の休校要請が発表され関係各機関も対応に追われているところですが、児童発達支援・放課後等デイサービスにおきましては、原則開所の指令が出されております。

これに伴いまして、スパーク運動療育西京極スタジオも下記のことに留意しながら、原則、通常営業にて皆さまの通所をお待ちいたしますことをご案内致します。

 

 

<感染拡大防止の為の皆さまへのお願い>

〇通所前、ご自宅にて検温をお願いします。

発熱(目安は37.5度以上)がある場合はご連絡の上、来所せず自宅にて療養下さい。

〇過去に発熱が認められらる場合は解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまではご連絡の上、ご自宅にて療養下さい。

〇「いつもと様子が違う」「少ししんどそう」等、普段と様子が異なるなどありましたら、スタッフにお声掛けください。

〇迅速な情報発信のため、皆さまのメールアドレスの登録をお願いしております。

〇ホームページでも情報を発信致しますので、ホームページの確認をお願い致します。

  毎月お渡ししている予定表にも記載してあります。『スパーク西京極』で検索ください。

 

 

 

<感染拡大防止の為の事業所としての取り組み>

〇来所時、お子さまに検温をさせていただきます。

   発熱が認められた場合は療育は中止、ご帰宅をお願いいたします。

〇来所時、帰所時には、玄関にて手指の消毒をお願いいたします。

〇療育中のマスク着用には賛否ございますが、スタッフがマスク着用にて療育の現場に入らせて頂く場合ございます。ご了承ください。

〇室内換気について、療育と療育の間は日頃より実施しておりますが、場合によっては、療育中も換気を行う場合がございます。

 

 

一刻も早い事態の収束を願い、事業所として出来る限りの対応をさせていただきます。

今後も日々、状況は変化すると思われます。状況に変化がありましたら随時対応、アナウンスをさせていただきます。

このような厳しい状況ではございますが、お子さまに少しでもマイナスの影響が出ないよう、事業所として最新情報の収集把握に努め、3月も引き続き、明るく元気なスタッフが、お子さまの来所をお待ちしております。

今後ともスパーク西京極をよろしくお願い致します。

FB share