スタジオ便り

スタジオから日々のあれこれお届けします

子どもがついてしまうウソと対応

幼児期の子ども達は発達の過程で、悪気はなくウソをついてしまうことがあります。

真実と異なることを言うので、大人のこちら側としては対応に困ってしまうこともあるかもしれません。


ですが、幼児期の子どもが付くウソは大人が悪意や忖度を持ってつくウソとは質の異なるものであることも多いです。

その理由を知っていれば、少し対応にも余裕が出てくるのではないでしょうか。


①まだまだ未熟な子どもの悩

幼児期になり、言葉も達者になると「ウソ」を言うようになります。

その理由の1つとして脳の発達がまだ大人と比べて未熟だから。


大人顔負けにしっかり話すので、見かけ上では分かりませんがまだまだ子どもの悩、とくに記憶に関係する場所は未熟です。

なので、過去のエピソードを聞くと、順番や活動が真実と異なる場合があります。

まだ大人ほど多くの物事を一度に記憶しておくことができません。

その記憶の量の差が原因で結果的に「ウソ」になることがあります。


例えば、「遠足で最初は何をしたの?」と聞くと、

実際は最初に遊具で遊んだにも関わらず、「お弁当を食べた」と答えたり。

お弁当の印象が強かったので、それをよく覚えていたということが考えられます。


記憶が大人ほどではないと言うことを踏まえておくと寛容に接することができそうですね。


②話をつなげるためのウソ

子どもたちは、大人と比べるとまだまだお話をする力も未熟です。

筋道を立ててストーリーを語ることも未熟ですし、まだ大人程の語彙力もありません。


それでもお話を繋げていこうと子どもなりに頑張る中で、

大人からすると「ウソ」に聞こえてしまうことを言ってしまうことがあります。


話しを繋げるためにウソを補助的に、本人は悪気無く、使ってしまいます。

対応ですが、まずは話しを遮らず聞いてあげることで、「話したい」という子どもの気持ちを大切にします。

話し言葉は話す中で育ちます。

そして筋道を立てて話すことは、書き言葉の習得にも繋がります。

話したい気持ちを大切にすることで後の発達に繋がります。


③自分の身を守るためのウソ

「叱られたくない」という気持ちから、自分の身を守るために苦し紛れにつくウソもあります。

明らかにお漏らしをしているのに、「してない」。

明らかにお部屋を片付けていないのに、「片付けた」。


バレバレですから、大人のこちらとしては余計に怒ってしまったり、問い詰めてしまったりしそうになるかもしれません。

しかし、それをしてしまうと余計と「身を守るためのウソ」が助長されてしまいます。

子どもなりに「やっちゃった」と思っているわけなので、気持ちを察して代弁するような関わりが良いです。


④現実と願望を混同していることもある

自分の願望と現実とが混同している場合もあります。


例)

現実:友達の玩具を自分が取った

願望:友達が貸してくれる

発言:「〇〇くんが貸してくれた」


この時も、頭ごなしに怒るだけではなく「貸して欲しかった」という気持ちへの代弁をしつつ、ある程度優しく見守ってあげます。

年齢と共に徐々に願望と現実とが区別てきるようになっていきます。


⑤ウソをつけることも発達の一つ

ウソをつけることも発達の1つです。

それは遊びや普段のやりとりの中にも垣間見ることができます。

ウソをつける、ウソを理解できるということは冗談を楽しめることに繋がります。



「え?今背中触った?笑」

「ううん、僕じゃいよ(ニヤニヤ)」

「ほんまに~?笑」


みたいなやりとりを楽しめるのもウソを理解しているから。


ウソをつくようになったことをネガティブとだけ捉えず、

「発達が進んだのかな」とポジティブな面でも捉えてみるのもいいかもしれませんね。



お気に入りのタオルやぬいぐるみを手放せない?

子ども達の中には、お気に入りのタオルやぬいぐるみといった物を常に握りしめている場合があります。

外に行く時も常に手放せずにいると、大人としては「どうしてなんだろう?」と思ってしまいますが、

こういったタオルやぬいぐるみは「移行対象」と呼ばれるもので、無理に取り上げてしまうようなものではないと言われています。


今回はその移行対象について紹介していこうと思います。


心を安定させるために

「移行対象」とは小児科医・精神科医であるウィニコットが提唱したもので、

幼稚園や保育園に通い始める1~3歳の移行期に、母親の代わりに安心の源として持ち歩く客観的な物です。

初期の頃はタオルや毛布等の母親のぬくもりを思わせる柔らかい手触りのものが移行対象になります。


もう少し進むと、ぬいぐるみや人形などの人格を投影できるものを移行対象にします。


乳児期は何か不安なことや嫌なことがあっても、無条件に寄り添い、心のよりどころになってくれていた母親という存在があります。


しかし、幼稚園や保育園に入るころになると、常に母の存在があるわけではありません。

そんな状況下でも、心を落ち着ける為に毛布やぬいぐるみを安心の源にすると言われています。


母親から移行したわけですね。


自然に離れていくのを見守る

移行対象は発達と共に徐々に消えていくと言われており、無理に取り上げる必要はないとされています。

母がいない状況でも、子どもなりに心を落ち着けようとしている過程ですので、やさしく見守ってあげてください。




足裏の刺激と姿勢発達【スパーク西京極での遊びの科学】

「体幹が弱くて姿勢が保てない」といったお悩みをよく伺います。

ふらつかずに真っ直ぐに立つことや、様々な運動の中で姿勢を維持できるためには体幹の機能そのものだけでなく感覚を処理する力が関わってきます。

姿勢における感覚処理で重要なのが、足底(足の裏)からの刺激です。


ご家庭でも可能なアプローチは裸足の時間を増やす事です。


今回はスパーク西京極で最近取り入れている遊び道具を例に解説していきます。

普段の遊びや生活での参考になれば幸いです。


足裏の刺激とメカノレセプター

「体幹が弱くて姿勢が保てない」といったお悩みをよく伺います。

しかし、「では体幹を鍛えましょう」と即答することは難しく、

「どうして体幹が弱いのだろう?」「機能しにくいのだろう」と原因を考える必要があります。

原因の一つとなっているのが、足裏をはじめとした全身の「感覚の問題」です。


足裏をはじめとして、人の皮膚にはメカノレセプター(感覚受容器)と呼ばれるセンサーたくさんあります。

足裏にあるメカノレセプターは圧や肌触りなどから、

「いま体はこっちに傾いている」「真っ直ぐだ」「重心は右だ」「足場はツルツルしている」

などの情報を脳に伝えます。


すると、それに合わせて姿勢をコントロールしようと体幹をはじめとした全身の筋肉でバランスを取ることができます。


つまり、初めの感覚の所に弱さがあると、体幹も上手く機能することが難しくなります。

メカノレセプターは生まれてすぐに完璧なわけではなく、成長と共に様々な経験を積むことで発達していきます。


そのため、足の裏をたくさん刺激できる遊びや生活スタイルが姿勢やバランスのコントロール能力を養います。

スパーク西京極では最近こんな手作りおもちゃを取り入れました!



様々な刺激を足裏に入れ、かつバランスを取ってあそべるようにしています。

足裏の感覚は刺激をどんどん入れることで発達していくので、子ども達もたくさんチャレンジしてくれると嬉しいです。


刺激を入れるには?

上のインスタ投稿にあるように、様々な種類の質感を味わうことが何よりです。

とは言え、なかなか機会がないという場合もあります。

そんな場合は、裸足で過ごす機会を増やしてみてください。

それだけでも刺激がしっかりと足裏に入るので、姿勢維持に役立ちます。


他にも芝生など地面の安全が確保ところで裸足で遊ぶことや、プールに遊びにいくこともなども効果的です。


靴下だとどうしてもワンクッション

スパーク西京極では、遊ぶ際に基本的に靴下を脱いでもらっています。

というのも、靴下があるとどうしても地面とワンクッションあり、レセプターに刺激を入れにくいからです。

刺激が入らないと、当然転びやすくもなりますし、足裏の発達にも効果が低くなります。


感覚の特性

スパーク西京極を利用してくださるお子様たちは、「感覚特性」を持つ場合があります。

特定の感覚に敏感であったり、感じとりにくかったりします。

感覚の特性と姿勢、運動機能は別のように思えますが、今回の内容を踏まえるとそうとも考えにくいですね。


今後も楽しい遊びのなかで、たくさん感覚を刺激しつつ心身の発達を促していければと思います。