スタジオ便り

スタジオから日々のあれこれお届けします

ビジョントレーニング(療育の中で”見る力”を育てます!)大好評です!!(四条段町スタジオ)

こんにちは(^^)! 

今年度よりスパーク四条段町スタジオでは、

視覚機能評価とビジョントレーニングの専門家、オプトメトリスト 富永絵理子先生 監修の下、

「ビジョントレーニング」を実施しております。


「ビジョントレーニング」という言葉、皆さんご存知ですか?

一体何をするのだろう?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。

「ビジョントレーニング」とは一言で言うと、視覚機能(見る力)を育てるためのトレーニングです。


視覚機能は、生活していく上でとても重要な役割を担っています。

単に視力だけではなく、物を立体的に見る力や調節力、眼球運動、目と手の協応、目と脳とからだで見る力など、視覚機能は多岐にわたります。

視力に問題がなくても、”手先が不器用” ”飛んでくるボールが受けられない” ”枠から字がはみ出てしまう” ”板書が苦手” ”姿勢を保っていられず離席してしまう” など、視覚機能の課題が 就学後の学習のつまずきの一因にもなっています。

ビジョントレーニングを実施し「見る力」を楽しく鍛えることで、以下の7つの力が自然に身に付くと言われています。

①書く力 ②読む力 ③作る力(手先の不器用さ) ④運動する力 ⑤集中力・注意力 ⑥記憶力 ⑦イメージ力


四条段町スタジオでは、以下の流れで実施しています。

・「見る力に関するチェックリスト記入」(当日、保護者にご記入いただきます)

・「見る力をはかるためのスクリーニング検査」(富永先生が行います)

通常療育同様、親子同室です。楽しい雰囲気の中で身体を動かしたり、机上で線や図を描いてみたり。

ビジョントレーナーの資格を持つ児童指導員が一緒に行うので、お子さまも安心です!

「みる」「かたち」「からだ」の3つに分けた活動を、お子さまの状況により約30分から45分程度実施。

・「スクリーニング検査に基づく評価とフィードバック」(富永先生より)約15分程度。


以下の写真が実際の活動の様子です(^^)☆


何やら鉛筆で書いていますね!これは「かたち」の活動です。


体を小さく丸めています!これは「からだ」の活動です。  


何かを見て、選ぼうとしていますね!これは「みる」の活動です。


お子さまによって興味の対象も違い毎回さまざまな発見があり、職員たちも新鮮な気持ちになります!^^

大変好評につき、5月の空き枠も残りわずかとなっています。日程のご質問やご相談などお気軽にお声かけください。


スパーク運動療育四条段町スタジオ

FB share