スタジオ便り

スタジオから日々のあれこれお届けします

風船遊びをしてみよう!!

スパークに来てくれるお子さまの中にも、風船遊びが好きな子はたくさんいます。

少し広い場所があれば、おうちでも気軽にできる風船遊び♪

どんなメリットがあるかご存知でしょうか?

 

①眼球運動

 眼球運動とは、簡単に言うと ”見たい物を見るために目を動かしたり、焦点をあわせたりする運動” のことです。

ふわふわ動く風船をポンポンと手で弾ませたり、キャッチしてみたりする活動が、物を目で追うための眼球運動(特に、「追視」という動くものを見続けたり、目で追いかける能力)のトレーニングに効果的です。


 

②空間認知能力

 空間認知能力とは、”物の位置や形を瞬時に判断する力”のことです。

 サッカーで味方の位置やボールとの距離を認識できると、どこに蹴ったら良いのか、どのくらいの力で蹴れば良いのか判断できますね。

 風船遊びでは、落下地点を見極めて風船を打てるように体を動かすことで、空間認識能力を高める練習ができます。

 慣れてきたら、うちわをラケットにしてみるのも楽しいです♪

 

③協調運動

 「見ながら打つ」「走って打つ」など、自然と複雑な動きが求められる遊びでもあります。

 目と手の協応や足と手の動きがぎこちないお子さまにも、楽しみながら取り組んでもらえる活動です。

 

④ルール遊び、やりとりのきっかけ

「落とさないように打ち返すんだよ~!」「みんなで50回続けてみよう!」と遊びを発展させていくこともできます。

お友だちと勝負してみたり、お母さんやお父さんと一緒に数を数えてみたり…

そういった遊びの中での経験を通して、お子さまの社会性を育むことができます。

 

⑤色や感触を楽しめる

 「おいしそう!りんごみたいだね」と食べ物に見立てて遊んでみたり、つるつるとした感触を楽しんだり。

 コミュニケーションを取りながら触覚、視覚的に刺激がたくさん入るのが風船遊びです。


 

 

手軽に遊べてみんなが楽しい風船遊び。おうちでもぜひ、お子さまと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?


※お子さまの写真に関しては、掲載許可を頂いた方のみを掲載しております。

FB share