スタジオ便り

スタジオから日々のあれこれお届けします

四条段町スタジオイベントお知らせ:親子でふれあい遊び

(親子でふれあい親子遊び!)

いつもスパーク四条段町の活動にご理解ご協力していただき誠にありがとうございます。

寒い日が続いておりますが、子どもたちは元気いっぱいスパークに来てくれています。


今回は1月24日(月)に開催予定の親子でふれあい遊びについてお知らせをさせていただきます。



(「抱っこなんて恥ずかしい!」そう言われる日まで)

子どもたちが大きくなるのは一瞬。

喜ばしい反面、少し寂しい気持ちも…。

去年まで抱っこを求めていた子どもが、急に恥ずかしがって拒むようになった時なんともいえない気持ちになります。

抱っこやぎゅー、おんぶ、手を繋いで歩いたり。

くすぐり合って遊んだり、お膝の上に座って絵本を読んだり。

そういったふれあい遊びは今しかできないことなんだと改めて実感させられる毎日です。


(ふれあい遊びは体と心にいいこといっぱい!)

ふれあい遊びは、子どもに色々な感覚の情報を送ります。

触覚:体温や触り心地

前庭覚:揺れや浮遊感、傾き

固有受容覚:骨や筋肉を感じる動き(しがみついたり、ぶつかったり、ふんばったり)

視覚:表情

聴覚:声や周りの音

などなど!これらの情報を受け取って頭の中で整理したり運動していくことは、子ども達の成長に欠かせないものになっていきます。


(愛されているという実感の中で社会性は育っていきます)

子どもたちが社会に積極的に働きかけていく為には、休息地が必要です。心理学では安全基地と言われています。

安全基地であるお母さんお父さんは怖いことや悲しいこと、逆に嬉しいことや楽しいことも全部受け止めてくれる存在。

だから子どもたちは外の世界に勇気を振り絞って働きかけてくれます。

子どもたちが外の世界であるスパークに来て私たちと遊んでくれるのは、お父さんお母さんという心強い安全基地があるから。

そんな子どもたちの成長に欠かせない安全基地をどんどん強くしていくのは、信頼関係だと言われています。

ふれあい遊びは、信頼関係を築いていくのにぴったり。「こんなに大事にされている」という実感を得やすいんです。


(親子でふれあい遊びしませんか?)

1月24日(月)に四条段町スタジオにてふれあい親子遊びを実施致します。

(四条段町スタジオに契約されている方限定のイベントになります。西京極スタジオに関しましては別日に工作イベントを実施致します。)

実施日:1月24日(月)

時間:2枠目 10:45~11:45 (未満児さんから年少児さん向け)

   3枠目 13:30~14:30 (年中児さんから年長児さん向け)

〇スケジュール

1 親子で体操

2 親子でふれあい遊び

3 みんなで遊ぼう! 2枠目 新聞紙遊び / 3枠目 手つなぎ遊び


※ 兄弟姉妹が参加される場合、事前にスタッフにご連絡下さい。

※ 参加をご希望される場合、四条段町スタジオにご連絡下さい。

※ 四条段町スタジオをご契約されている方限定のイベントとなっております。








FB share